小学1年生におすすめの知育玩具3選!

知育

「小学生になったら学校で勉強を教わるから、知育って幼児まででしょ?」とお考えではないでしょうか?

確かに「知育」という言葉は主に幼児教育で使われることが多いですが、たくさんのことを学び始める小学生だからこそ、知育玩具を使って学べることもたくさんあります。

そこで、今回は入学祝いにもぴったりな小学1年生におすすめの知育玩具を3つ紹介したいと思います。

1.ワードバスケット

ワードバスケット

ワードバスケットは語彙力に特化した知育玩具です。

国語を学習し始める1年生にぴったりな、しりとりをモチーフにしたカードゲームとなっています。

場に出ているひらがなから始まり、自分の手札にあるひらがなで終わる単語を考えていきます。

例えば場には「つ」というカードが出ていて、手札に「え」がある場合は、「つくえ!」と言いながら「え」のカードを場に出します。

そうすると次は「え」から始める言葉を探します。

それを繰り返して、手札が最初になくなった人が勝ちです。

 

一般的なしりとりと違うのは順番がないこと。

思いついたらどんどんカードを出しても良いので、語彙力だけでなく瞬発力も必要です。

ルールがとても簡単なため、おじいちゃんやおばあちゃんとも対戦できますよ。

 

お子さんの知らない言葉が出てきた際は、言葉の意味や使い方を教えてあげることで、親子でコミュニケーションを取りながら、子どもの語彙力や発想力を伸ばしてあげることができます。

ワードバスケットを調べる

2.マナー豆

マナー豆

遊びながら、正しいお箸の持ち方や使い方を学ぶことができる玩具です。

子どもの頃に間違った持ち方のクセが付いてしまうと、なかなか直すことができません。

「マナーの豆」シリーズは子ども達が大好きな「ポケットモンスター」や「ドラえもん」などのキャラクターとコラボレーションした商品もあるので、視覚的にも楽しみながら学ぶことができます。

お箸を使い慣れてきた時期に、正しい持ち方や使い方を改めて見直してみるきっかけになりますよ。

マナー豆を調べる

3.くもんの日本地図パズル

くもんの日本地図パズル

小学校3年生から社会科の授業が始まります。

低学年のうちから、楽しみながら日本地図に触れることで、いざ社会科の授業が始まったときに苦手意識がなく学習を始めることができますよ。

より知育効果を期待するなら、各都道府県の特色や県庁所在地などの記載もあるものを選ぶと良いでしょう。

都道府県名だけのシンプルなものだと、単なるパズルとして遊ぶことになり、すぐに飽きてしまう可能性があるからです。

現行の「小学校学習指導要領」(平成29年告示)では、世界に関しての記述が出てくるのは6年生からとなっているため、地球儀や世界地図のパズルよりもまずは日本地図パズルがおすすめです。

くもんの日本地図パズルを調べる

4.まとめ

いかがでしたか?

今回は『小学校1年生におすすめの知育玩具』と称して紹介はしましたが、知育玩具はお子さんが楽しみながら学べるものを選ぶことが大切です。

あまり年齢にとらわれず、一人ひとりの性格や発達段階に合わせたものを選んであげることで、成長を促してあげることができますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました