ディズニーで英語に興味を持たせる!?

勉強

最近では幼稚園から英語を学習するのも当たり前になってきました。

しかし、いきなり本格的な英会話スクールに入れると全くの逆効果で、英語嫌いになることがあります。

私の友達(アメリカ人)は、児童向けのオンライン英会話講師をやっていますが、時間になっても生徒はゲームに熱中して、まったく英会話にならないそうです。

まさにお金をドブに捨てるようなもの。

じゃあ、子供が英語に興味を示さなかったら諦めなければいけないのか?というとそうでもありません。

どうしたらいいの?

教育は諦めたら負けです。

あの手この手を使って、子供を英語の道へ誘導してあげましょう。

強制するのではなく、誘導するのです。

ただし、親も妥協点が必要です。

英会話のCM広告で使われるキッズモデルが、流暢な英語を話してかっこよく見えるかもしれませんが、帰国子女を起用しているかもしれないので、惑わされないでください。

そもそも、親の一方的な想いだけで、ネイティブレベルの英語を自分の子供に求めるのは酷ではないでしょうか?

まずは英語という第二言語があること、外国人を怖がらないで慣れてほしいというくらいの心持でやっていきましょう。

英語を好きになれば、あとは自分で学ぶようになりますので、手間をかけなくても急成長を見せるようになります。

どうやって興味を持たせるか?

さてどうやって英語に興味を持たせるか。様々な方法があると思いますが、ここでは少し変わった視点で、かつ最近のトレンドに見合う方法をご紹介したいと思います。

私のお勧め方法は『Disney+を英語で視聴する』です!

私が子供の頃はディズニーからほど遠い生活をしていましたので、友達の家でミッキーマウスのビデオを見た時、本当に衝撃でした。

大人になって「なぜ子供の頃、ディズニーのことを教えてくれなかったの」と親に尋ねると、「ディズニーランドに行きたいと言い出したら困るから」と言うのです。

「それが理由?」と呆れてしまいましたが、家計的に余裕のない我が家では、ディズニーは遠い存在でした。

しかし、今は違います。

最近はネットを使えば、ディズニーの情報が簡単に手に入ります。

子供もパソコンや携帯の操作に長けているので、逆手に使いましょう。

子供の集中力はご存じの通りすごいもので、食い入るようにマンガや動画を見ます。

英語を理解してなくても、画面の中にいる人物が動くだけで興味深々です。ディズニー映画のようにかわいいキャラクターがカラフルな世界を冒険していれば、自分で物語を頭の中で整理するようになります。

登場人物が今何を言っているのか想像するようになり、そこから英語の意味を理解していきます。

普段、テレビは見ちゃダメと言ってしまいがちですが、うまく使えば子供の創造力や英語力を引き延ばすことに繋がります。

Rakuten ABCmouse

たとえば、Rakuten ABCmouseでディズニーのデジタル絵本を楽しんでみるのもいいかと思います。

デジタル絵本の詳細はコチラから

ディズニープラス

2019年からはウォルト・ディズニーが動画配信サービス、Disney+を始めました。月額700円で、定番映画から最新作まで見ることができます。

また、子供だけでなく大人が楽しめる作品も盛りだくさんで、これってディズニー映画なの?とびっくりすることもあります。

もちろん、お父さん、お母さんが視聴するときも吹き替えは使わず、字幕で視聴してください。

お子さんがあなたの隣でおもちゃ遊びをしていても、耳から入る情報は重要だからです。

ディズニー英語システム

お子さんが4歳以下ならディズニー英語システムもオススメ。

ウチの校長が3歳になるお子さんにやらせている英語プログラムです。
(実は管理人は塾講師です!)

「DVD観るだけで、単語を覚えて英語で歌ってる」

「散歩にでも行けば、目に映ったものを片っ端から英語で言えちゃう」

校長は英語も教えていますが、

「なにより発音は自分より全然うまい!」

とのこと。

お子さんは、オンラインでネイティブの先生とお話するのをいつも楽しみにしているそう。

まとめ

親が好きな物を子供も好きになる傾向があります。

まずは英語に興味を持たせるつもりで、親がディズニーファンになってキャラクターのことを褒めるのもいいかもしれません。

決めゼリフを英語で言うようにすれば、子供も真似るようになります。

日本人が英語を話せないことの理由に白人に対する劣等感というものがあるようです。

まずは英語を話す者(人物・キャラクター)に親しみを持たせましょう。

恐怖心がなくなれば、体験型の英会話スクールも楽しめるようになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました