公立小だって宿題はタブレットでやってます

勉強

もうすぐ小1になるウチの子も夏休みが終わり、学校が始まります。

ちびまる子ちゃんもそろそろ「夏休みの宿題やってない話」が放送される頃じゃないでしょうか?

ウチの場合はスマイルゼミのおかげで学習習慣がある程度ついているので、ほぼほぼ終わっている状態です。
参考 スマイルゼミの効果は?初めての通知表が出ました

で、タイトルの「公立小の宿題はタブレットでやってます」のお話です。

夏休みの宿題はタブレットでやる

ウチには2人の子どもがいます。

1年生と5年生です。

当然、夏休みの宿題が出ていたわけですがその中にはタブレット(オンライン)でやるものが含まれています。

これは私立小の話じゃないです。

ごくフツーの地元の市立小の話です。

もうそういう時代なんですね。

算数は答えを選択します

基本的には小5の子の算数と漢字の書き取りはタブレットでやります。

小1の子は紙プリントとタブレットの併用です。

漢字はタッチペンで書きます

当然鉛筆の持ち方や運筆練習が必要な1年生はプリントも使って練習しますが、小5の子はタッチペンでひたすら漢字の書き取り練習をやってます。

どうやらベネッセのシステムを使ってるようです。

社会や理科の問題も入っています。

タッチペンとタブレットは自宅のものを利用します。

コロナ休校期間に学校から「wi-fi環境は整っていますか」「PC、タブレット、スマホは持ってますか」のアンケートが何度もメールで届いたいたのは夏からタブレット学習を導入するからだったんですね。
(環境が整っていない家庭にはポケットwi-fiやタブレットの貸し出しがあるようです)

「勉強は紙テキストじゃなきゃ絶対ダメだ!」とか言っている時代ももう終わりなんでしょうね。

タブレット学習ならコレ!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました